ブラックリストに載ったらどうなる

クレジットカードの話題で、たまに「滞納してブラックリストに載った」と聞いたことはありませんか? 「ブラックリスト」というリストがあるわけではありません。 信用情報機関が保有するリストに「事故情報(異動情報や延滞情報、ネガティブ情報)」として登録される事を「ブラックリストに載る」と表現します。

まずクレジットカードを作成したりローンを組んだ際に、信用情報機関に顧客情報が登録されます。 そして支払がある程度滞ったり破産が生じた場合に「事故情報」として、登録されてしまいます。 つまりこの「ブラックリストに載る」という事は、社会的な信用が無いという事になります。

最近良くあるのが携帯電話の料金未納によるブラックリストへの事故登録です。 通常、貸金や立替え金など現金での借り入れに対し支払いが延滞した場合に登録されるので、通話料の支払いは大丈夫だと思う人がいます。 しかし、登録された毎月の支払いの中には、年間契約で割引になった本体購入代金が含まれている事が多く、割賦販売に関する信用情報を扱うCIC(株式会社シー・アイ・シー)では事故情報として扱われてしまいます。

注意したい登録されるケース ・支払い予定日より一定期間(ほとんどの会社は3ヶ月程度)遅れた場合や何度も繰り返し遅れる人。 ・代位弁済(借金を立て替えた人や企業が、債権者へ直接取り立てる事ができるようになる)した場合。 ・弁護士や司法書士などを通して、債務整理(民事再生や自己破産など)を行った場合。

滞納2ヶ月目から登録する企業もあるそうで、一度事故情報が載ってしまうと返済が終わってもその後5年間残る事になります。 この期間は新たにクレジット契約を結ぶ事はもちろん、お金を借りたりローンを組むことができなくなります。 窓口でローンを申し込む前に自分の契約を見直しておきましょう。

もし自分の登録情報が現在どうなっているのか忘れてしまったら調べる方法があります。 手数料が1000円程かかりますが各信用機関へ開示請求を行うことで郵送で届きます。 もし届いた情報が間違っている場合には、信用機関を通じて調査を依頼する事が可能です。 尚、信用情報の訂正や削除は、顧客情報として登録した会社からしか行えません。

詐欺の手口で「信用情報機関と提携しているので、手数料を支払えば代理で削除を行う」といった内容があるそうです。 信用情報機関から金銭を要求して削除を行うといった事は決してありませんので注意して下さい。 返済後に企業へ連絡し、保持期間がすぎている信用情報を削除してもらう人もいるそうです。

このため年齢次第では一切のローンやクレジット契約をしていなかった場合も、信用情報記載が無い為誤解される可能性もあるそうです。 信用情報は時間の経過か取引履歴でしか更新されません。 新規カードの審査では借入額や収入よりもしっかりと返済しているかで、融資可能になるケースもあるそうなので、期限はしっかりと守っていきましょう。

注目サイト

過払い金を取り返したい
払い過ぎた分を取り返したいと思うのは誰でも同じ

キャッシングの審査のブラックとは
審査におけるブラックリストとは

仙台から会社設立で日本を活気づけたい起業家の方へ
ベンチャーサポートのお得で充実なプランがおすすめです

最速納品の圧着DM印刷で御社の営業をサポートします
印刷から発送までワンストップで依頼可能

多彩な取り付け方法に対応したオリジナル表札通販
現在の住宅にマッチするハイセンスデザイン

sidemenu